足のシビレ

足のシビレは、感覚受容器から末梢神経・脊髄・大脳へ至る感覚の伝導路でもある感覚の経路の中でいずれかに障害が生じると出現する痛みです。

足のシビレの症状

足のシビレの症状についてですが、文字通り足にシビレが起きるものではあるけれども足の感覚がなくなっているなどの症状が起きることがあります。

また、感覚がなくなっている状態から足がビリビリ・ジンジンなど痛みのようなくすぐったいような強めの異常感覚が起きます。しかし、この感覚が薄れることで足の感覚は元に戻ります。

足のシビレの原因

足のシビレの原因についてですが、脳に原因がある場合は体の右半身もしくは左半身のいずれか片方だけに起きるのですが、手のみや足のみなど症状が起きる部位も変わることがあるようです。

大半の場合が、感覚が鈍くなったような感じになり手足が自分の意思で思うように動かすことができなくなると運動麻痺を伴っていることがあるといいます。

脊髄からくる痺れの場合は、脊髄そのものに疾患があるケースは少なく脊椎の疾患がシビレの原因になってるケースが多いようです。末梢神経による足のシビレは神経が骨や靭帯などで圧迫されて生じるものや、末梢神経そのものに障害があり足のシビレになるものなどがあります。

足のシビレでお悩みなら当院にお任せください!

整体治療とともに鍼灸治療を受けられる方が、回復が早いケースが多いです。そのほうが腰や足へ伸びる神経への負担を早く減らせるからです。

まずはお気軽にご相談下さい。

ランナー膝

ランナー膝は腸脛靭帯炎の別名であり、ランナーが発症しやすい事からこの名前で呼ばれる事が多いです。

ランナー膝の原因

原因については走り過ぎがあります。脛骨の外側と繋がっている腸脛靭帯は、ランニングの動作によって大腿骨の外側の出っ張った部分と擦れてしまうのですが、長距離や長時間のランニングで摩擦の回数が多くなると炎症が生じやすくなると知っておきましょう。

ただし、走る事以外が原因となるケースもあります。O脚の人は摩擦が起きやすいのでランナー膝になりやすいですし、身体が硬い人や運動不足の人がスポーツを行ったときにもランナー膝になる事があるでしょう。

ランナー膝の症状

具体的な症状について、運動後の痛みがあります。初期段階だと運動後または運動中に痛み、安静にしていると痛みを感じません。けれども、悪化してしまうと何もしていないとき、激しい運動をしていないときでも膝の外側が痛む事が多いです。

人によってはランナー膝を何度も繰り返してしまう事があり、1度治ったと感じられても再び症状があらわれる事があります。

ランナー膝でお悩みなら当院にお任せください!

主に問題となるのは、股関節の運動です。そのため、関節運動を改善して行く方が大切ですが、急性期であれば鍼灸治療で痛めた筋肉の負担を軽くすることも大切です。

まずはお気軽にご相談下さい。

捻挫

人間は身体を動かしていると、身体をひねってしまうケースがあるかもしれません。このような場合には、捻挫になることもあるでしょう。

捻挫の原因と症状

捻挫と言うのはどのような原因か知っている人もいるかもしれませんが、この原因について見ていくと、基本的には関節を捻った状態がこれに該当します。

例えば、陸上競技などをしている人でも、普段から走りに慣れていない人が行った場合、思わず足首をひねってしまうようなことがあるかもしれません。このような状況になると、捻挫の状態と言えるわけです。

この症状について見る限りでは、痛みが伴うことが理解できます。どの程度の症状になるかは人によって異なりますが、あまり激しい痛みになった場合はもっと別の症状が考えられるでしょう。

捻挫の痛みは当院へお任せください!

鍼灸治療がオススメです。ただし、捻挫クセがある方は歩き方・走り方など重心移動に問題がある可能性があります。その場合は、クセを改善する整体治療を基本方針とします。

まずはお気軽にご相談下さい。

肉離れ

肉離れは筋挫傷の別名です。正式名称から分かるように筋膜や筋繊維の損傷や断裂を経験する事になるものです。

肉離れの原因

原因については急な動作や無理な動作による負荷があげられます。一般的に筋肉の強い収縮が起こっている時に、反対方向に強く引っ張る力が加わる事で肉離れになってしまうと知っておきましょう。具体的な動作としては、跳んだり跳ねたり走ったりする動きがあげられます。

筋肉疲労が溜まっている人、十分な準備運動が出来ていない人、加齢で筋肉が衰えている人がこれらの動作をすると、肉離れになる可能性が高いです。

肉離れの症状

症状については強烈な痛みがあります。発症した瞬間に激痛を経験する事になり、それ以上運動出来ないどころか動く事が困難になるケースも多いです。患部を見てみると、色が変わっていたり不自然にくぼんでいたりする事が多いと言えます。

肉離れになった時には筋肉の断裂音が聞こえる事も多く、ブチッと聞こえた後に強く痛む場合は肉離れになった可能性が高いです。軽度であれば自力歩行や日常生活が可能ですが、中度から重度になると歩行が難しくなったり手術が必要になったりする事を覚えておきましょう。

肉離れでお悩みなら当院にお任せください!

肉離れには、鍼灸治療がオススメです。一回で一生の効果は難しいですが、放っておいて筋肉が固まってしまうとその分、回復が遅くなります。負傷部位の回復度を測りつつ、マッサージやストレッチ指導もしていきます。

まずはお気軽にご相談下さい

膝の痛み

人間の関節は非常にしなやかにできています。特に、若いうちは関節も非常に柔らかく怪我などしにくい傾向にあります。ところが年齢とともに、関節に痛みが生じてくるケースが多いかもしれません。具体的にどのような場面が考えられるかと言えば、例えば膝の痛みがこれに該当します。

膝の痛みの原因

この膝の痛みの原因について見た場合、実はいろいろなものが考えられ1つではないことが理解できるでしょう。具体的には、年齢とともに関節の軟骨が減少する症状が現れます。そうすると、骨と骨が擦れ合い激痛を感じることがあるかもしれません。

もう一つの原因は、体重が増えすぎた場合などがこれに該当します。体重が増えすぎた場合は、身体に大きな負担がかかると言って良いでしょう。このような負担がかかった場合には、膝の痛みが生じる事は間違いありません。

膝の痛みの症状

症状については、痛みを生じるケースがほとんどですが痛みの基準も様々です。例えば、人によっては歩けなくなる可能性も否定できません。

このように考えるならば、膝の痛みが生じる場合でも実際に一緒に行き、原因等を探らなければ対処するのが難しい傾向にあります。特に歳をとってから軟骨が減っている状態は歩けなくなることがあるため、注意をしなければならないでしょう。

膝の痛みは当院へお任せください!

整体治療と鍼灸治療、どちらも効なのですが、状認した上でより優先度い方ススします。

基準となるのは、に関する関節がどうなっているのか?あるいは太ももやくらはの筋肉がどうなっているのか?です。関節問題なら整体治療、筋肉問題なら鍼灸治療となります。

まずはお気軽にご相談下さい。

Olive Garden鍼灸整体院
へのご予約・お問い合わせ