坐骨神経痛

坐骨神経痛

「とにかくお尻から太ももがシビレて痛い!!!」とお悩みではないですか?場合によっては、ふくらはぎまでしびれて痛みます。

坐骨神経痛の原因と症状は様々なものがあるため、まずはしっかりと全身の様々な部分の検査を行うことが必要です。

坐骨神経痛は、ある程度状態が悪化すると歩行が難しくなるケースもあります。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛

主な原因は腰部脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアです。

腰部脊柱管狭窄症は50代以上の中高年に多い病気で、年齢とともに脊柱管が狭くなって神経を圧迫して起こります。椎間板ヘルニアは椎間板がつぶれて飛び出すことで腰椎の神経を圧迫して起こる病気で、20代から30代に多いです。

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛

坐骨神経痛は主に下半身、お尻から下肢部分に痛みやしびれが続くときの総称として使われます。具体的な症状は、お尻から下肢部分へしびれや痛みが片方だけに出ることが多く、ビリビリやチクチクといった擬音で表現される痛みが多いです。

長時間立っていると症状が出る人や、座り続けていると痛みが出る人、体をかがめたときに痛みが出る人など症状が出るタイミングには個人差があります。

坐骨神経痛でお困りでしたら当院へおまかせください

坐骨神経痛は当院へおまかせください

坐骨神経痛は、お尻の筋肉が足へ伸びる神経を絞ったり刺激してしまい、「常に正座したあと」のように酸欠状態となってしびれてしまうのです。

当院では、問題となっている筋肉を柔らかくし、神経に酸素がいくよう血流改善を促します。シビレ症状がある場合は、回復傾向が早い鍼灸施術をお勧めします。鍼が苦手な方には、整体施術をお勧めしております。

少しでも早く良くしたい方は、鍼灸施術と整体施術を複合した総合施術で、筋肉をどんどん柔らかくし、血流改善をしていきます。

神経痛の改善は個人差があるため、ご自分がどのくらいの期間で回復しそうか気になる方はぜひご相談下さい。

腰椎ヘルニア

腰椎ヘルニア

腰椎ヘルニアの症状は、30歳前後のスポーツ選手や肉体労働者、運転手など男性に多くみられます。女性の場合は、比較的若くて肥満傾向の方にみられます。

腰椎ヘルニアの原因

腰椎ヘルニア

原因としては、加齢や重いものを持ったときの負荷などが考えられています。長時間座っていたり、重い荷物を持つなど度重なる腰への負担が椎間板の変形を起こし、神経を圧迫します。

初期症状はぎっくり腰と間違えやすく、腰痛(前屈痛)や下肢痛などがみられ、長時間の座位や仰向けで寝るのが辛かったりします。症状が進行するとしびれや下肢の筋力低下、足裏の灼熱感、排尿障害などが見られます。

腰椎ヘルニアの症状

腰椎ヘルニア

主な症状は、腰痛や手足のしびれなどが挙げられます。他にも腕の痛みや首痛、痺れなどの症状が現れます。

ちなみに、脊椎は下へ行くほど重さがかかりやすく、腰に近いほど腰椎ヘルニアが発症しやすくなります。ぎっくり腰の症状にも似ていますが、腰椎ヘルニアは腰だけでなく、足の痺れや痛みを伴うので自己判断は禁物です。

症状が悪化する前に、専門家へご相談することをおすすめいたします。

腰椎ヘルニアでお困りでしたら当院へおまかせください

腰椎ヘルニアは当院へおまかせください

当院では、多くのヘルニアは「原因」ではなく「現象」であると考えています。つまり原因は、不良姿勢や、腰を痛めてしまう身体の動かし方です。

そこで当院独自の整体施術を行います。骨盤や腰だけでなく、股関節まで整えることで痛みの原因にアプローチしていきます。すると、驚いたことにその場でスッと痛みが消えてしまう方が非常に多いのです。

筋肉の硬さが強くあり、お身体が血行不良で根本的な免疫力の向上や全身調整が必要な場合は、矯正だけでなく鍼灸施術をさせていただくことがございます。

お身体の状態に合わせ、プランを共有し納得いただいた上で施術いたします。まずはお気軽にご相談下さい!

ぎっくり腰

ぎっくり腰

「急激に腰が痛くなった!!!」そんな経験したことはありますか?主に腰の筋肉がいきなり痛むため、時には歩けないほどです。

何か動作を始めた瞬間、腰に急激な痛みが発生するときがあります。ぎっくり腰はこのような急性腰痛を指します。

原因はそれぞれなのですが、最近はデスクワークなどで首や肩、そして背中にダメージが蓄積して起きるケースがあげられます。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰

主な原因は、筋肉や骨、椎間板のトラブルといわれています。重い物を持ち上げた時、瞬間的に腰へ強い負荷がかかる場面で発症することが多く挙げられます。

ぎっくり腰は、くしゃみをした瞬間に起きる場合もあり、思いもよらない行動で起きる場合もあるので、初めての人は混乱に陥ることもあります。

ぎっくり腰の症状

ぎっくり腰

症状はよく知られているように、ちょっとした動きで言葉に出来ないほど腰の痛みが出ます。症状が酷いと、立ち上がることや歩くことすらできなくなります。

ぎっくり腰の中にはまれに病気が隠れているケースや、痛みの現れ方によって慢性腰痛につながるケースもあるので注意が必要です。

ぎっくり腰でお悩みでしたら当院へおまかせください

ぎっくり腰は当院へおまかせください

当院では、鍼灸施術が1番有効だと考えています。問題となっている筋肉を的確にとらえ、鍼の刺激で筋肉を柔らかくしていきます。

しかし、多くの場合「痛み」の原因が「骨格の歪み」から来ていることがあります。そうなると筋肉を緩めるだけでなく、整体施術を組み合わせた方が回復は早いため、お身体の状態に合わせた施術プランをご提供させていただきます。

他にも、さまざまな状態で発症していること挙げられます。ぎっくり腰でお悩みでしたら、まずは当院へどのような症状かお気軽にご相談ください!

腰痛

腰痛

腰痛は上半身の広い範囲に存在している腰の骨や筋肉が関係しているが故に原因について個人差があります。

腰痛の原因

腰痛

原因は、仕事柄重たい物を持ち上げたり、デスクワークで同じ姿勢でいる時間が長い方などが腰痛の原因として挙げられます。

普段から動かずに同じ姿勢でいると、筋肉がこり、関節の動きが悪くなります。日々の暮らし方で、腰への負担も大きくなります。

腰痛の症状

腰痛

痛みや違和感の程度は人によってそれぞれで、軽い場合だと普通に生活や仕事が行えます。

一方で腰痛が激しくなると、普通に座っている事さえ難しくなります。そのため、歩行が困難になったり、仕事に影響が出たり、外出する事も難しくなるのが実情です。

炎症の程度により痛みの強さが変わるため、炎症をどれだけ抑えるかが重要になります。

腰痛は当院にお任せください

腰痛は当院へお任せください

腰痛でお困りでしたら当院へお任せください!

腰の痛みがとくに後屈動作(後ろに身体を反る動き)で痛い場合、関節運動がうまくできていない証拠です。そうした悪いクセがついてしまった骨盤や股関節の動きは、整体治療で改善していきます。

5万件を超える症例による経験値が、普通では気がつかない細かな運動学的視点を研ぎ澄ませ、驚く結果を生み出します。

身体(筋肉)の奥に不調の要因がある際には、鍼治療も同時に実施することもあります。鍼灸治療には、固まった筋肉を柔らかくするだけでなく、除痛作用があります。

症状や施術でご不明な点などございましたら、お気軽にお尋ねください。ご来院お待ちしています。

Olive Garden鍼灸整体院
へのご予約・お問い合わせ