めまい

一般的にめまいがすると言っても、その原因と症状には様々なものがあると言えます。

めまいの症状

天井や自分の周囲がぐるぐる回っている、体がぐらぐらする、ふわふわした感じがする、気が遠くなりそうな感じがするなど様々な症状があります。またその他にも目の前が真っ暗になったり、物が二重に見えるなどの症状が出ることもあります。

めまいの原因の一つに、内耳にある身体の平衡感覚を司るとされている三半規管に異常が出ているということが挙げられます。とはいえこれにも様々な種類があるのが実情で、中高年の年代の人が朝起きた時や寝返りを打った際によく発生するものが、良性発作性頭位めまい症と呼ばれるものです。これは耳石が剥がれ落ち三半規管の中を浮遊していることが原因とされています。30から50歳代ではメニエール病が発症しやすく、内耳を満たすリンパ液が過剰に溜まることが原因です。

めまいを引き起こす病気としては、突発性難聴や前庭神経炎なども該当します。その一方で循環器系の病気により発症することもあるでしょう。一つは低血圧で、これは朝の血圧が下がりすぎてしまう場合には、立ちくらみであることが大きな特徴です。場合によっては脳梗塞や脳出血など命に関わる病気が潜んでいる可能性もあります。

めまいでお悩みの方は当院にお任せください

自律神経の乱れでも起きやすい症状ですが、首肩まわりの筋肉の負担を解消するだけでもかなり変わります。しかし、ご負担が強い状態でしたら鍼灸治療をよりお勧めします。自律神経や血流など、バランスが乱れていることが多いので鍼灸治療の方がお身体の反応がより良い場合が多いからです。

めまいでお悩みの方は、たくさんいらっしゃいます。不安や悩みを一人で抱え込まず、まずはOlive Garden鍼灸整体院にご相談下さい!

顎関節症

「あごが痛い!」「コリコリ音がする!」「痛くてモノが噛めない!」というお悩みがある方も多いと思います。

顎関節症の症状

顎関節症の主な症状は、顎関節に痛みが生じて口が開けづらくなったり、口を開く時に耳の付け根当たりで「ゴリッ」や「カクッ」という不快な音が鳴る特徴があります。症状が続くことにより硬い食べ物が噛めなくなる、顎の音が煩わしいなどといったストレスを抱える方が多いです。

関節円板がずれている状態では、顎を動かすと引っかかるような音がすることが特徴です。症状が悪化すると口を開けなくても顎関節やこめかみ、頬などの顎を動かす筋肉に痛みが出たり、口が開かなくなります。

顎関節症が起こる原因については、噛み合わせの悪さが原因だと考えられてきましたが、他にも顎関節が弱いといった構造上の問題や、不安やストレスからくる顎の筋肉の緊張、外傷とった様々な要因が絡んでいます。頰づえや歯ぎしり、食いしばりや片側の偏った噛み方など日常生活の習慣や癖も大きく影響しています。

顎関節症でお悩みの方は当院にお任せください

顎関節の動きは、実は首や肩の不良姿勢がそもそもで問題となっている方も多いです。そこで、当院ではできれば首肩の整体治療と顎周りの筋肉へ鍼治療することをお勧めします。

顎への鍼治療は即効性が期待できるので、その日のうちに楽しく食事ができる方もいらっしゃいます。気になる症状があれば、まずはOlive Garden鍼灸整体院へご相談下さい!

顔面神経マヒ

顔面神経マヒは、顔面の筋肉を動かす神経が麻痺する病気になり、顔のどちらか半分に起こるといった特徴があります。

顔面神経マヒの原因と症状

主な原因

顔面神経マヒの原因についてはいろいろあるのですが、一番多いのがベル麻痺と呼ばれる突発性の麻痺によって発症するケースになります。ベル麻痺は原因がなく突然引き起こるものになり、循環障害による神経の腫れやウイルス感染などが原因と考えられています。

ヘルペスウイルスによって発症する帯状疱疹も顔面神経マヒになる原因になります。また中耳炎や外耳炎が要因となって顔面神経マヒを引き起こすこともあります。

主な症状

ゆっくり症状が進行する場合には、耳下腺腫瘍・顔面神経腫などの悪性腫瘍の疑いがあります。顔面神経マヒの症状については、顔の半分が思い通りに動かすことができなくなり、そのことにより瞼を閉じることができなくなったり、眉が下がるなどの症状が現れます。

その他には口角が下がったり、口が閉じられなくなることで、水を飲んだ際にこぼしてしまうようなことなども引き起こります。顔面神経マヒは顔が曲がるなどの容姿にかかわってくる病気になるので、精神的なストレスを抱えてしまうことが多いです。

顔面神経マヒでお悩みなら当院にお任せください!

整体治療とともに鍼灸治療を受けられる方が、回復が早いケースが多いです。鍼灸治療によって神経マヒに対してアプローチしていきます。

顔面神経の疾患は、ストレスといった自律神経系の要因もありますので、整体治療はそうした自律神経系の疾患に多い首肩周りのご負担を解消しやすいからです。

まずはお気軽にご相談下さい。

眼精疲労

「目の奥がつらい、重たい!」という経験、一度は経験している方も多いと思います。視界がぼやけたり、目の奥に痛みを感じたりなどは眼精疲労の際に感じる症状です。

眼精疲労の原因

眼精疲労の原因は様々ですが、近年増えてきているのはパソコンやスマートフォンなどの使い過ぎによるものです。パソコンのモニターやスマートフォンの画面はどちらも近い距離でピントを合わせる必要があり、目の筋肉を使い続けるため眼精疲労が蓄積していきます。

そのため、仕事やプライベートなどでこれらの機器を使用することがある場合、頻度や時間をできるだけ減らすことが大切です。使用の頻度や時間を減らすと共に目周辺の筋肉を温めたり、ほぐしたりしましょう。

また、眼精疲労はドライアイが原因で起こるケースもあります。目の表面が乾燥すると傷つきやすくなり、感染症のリスクが高まるので注意が必要です。他には老眼や、度数が合っていないコンタクトレンズや眼鏡の使用などでも眼精疲労は起こります。

眼精疲労でお悩みの方は当院にお任せください

当院で首肩まわりの整体をすると、目の色がガラッと変わり目が開きキラキラと輝く人がたくさんいらっしゃいます。慢性的に眼精疲労がある方は、お身体の体質から改善する必要があるため、鍼灸治療をお勧めします。慢性化している方は、自律神経の乱れ、お身体の生命力(腎精)が低下している、瘀血(よくない血)により血行不良を起こしているなど、症状が複雑になっている場合があるためです。

治療後は血流が良くなって身体がポカポカしたり、「夜ぐっすり眠れました!」という声をいただいています。もちろんお身体はお一人お一人違います。まずはOlive Garden鍼灸整体院にご相談下さい!

頭痛

頭痛の原因と症状については様々なものがあります。珍しくはない症状だからこそ放置する方も多いですが、その頭痛からなにか大きな問題が見つかることも少なくありません。

頭痛の原因

症状は頭が痛むことですが、痛みの位置や出方はさまざまです。片頭痛は左右のどちらかが脈を打つように痛くなります。閃輝性暗点が先に出ることも多く、女性に多い傾向があります。

閃輝性暗点とは突然視界にキラキラとした光が出て広がり消えていくものです。他には後頭部に締め付けられる感覚が出るものも珍しくありません。

目の奥がズーンと重くなる、と言われることも多いです。頭の中ではなく頭皮、特に後頭部の頭皮に刺すような痛みが出ることもあります。

頭痛の症状

緊張型頭痛

緊張型頭痛は精神的なストレスや首、肩のコリによって筋肉が硬くなり血行不良によって起こります。

後頭部を中心に頭全体が締めつけられるような重苦しい痛みを感じるのが特徴です。

片頭痛

片頭痛は発生メカニズムははっきりとしていませんが、男性よりも女性に起こりやすいことから女性ホルモンと関係しているのではないかと考えられています。

また、ストレスや疲労、不規則な睡眠、天候の変化などによって誘発されやすいです。

ズキズキと脈打つような痛みが生じるとともに、吐き気を伴ったり、光や音に敏感になったりすることもあります。

群発性頭痛

群発性頭痛は比較的稀なタイプで、目をえぐられるような激しい痛みが起こります。

一度症状が現れると1~2か月程度はほぼ毎日同じ時間帯に痛みが現れるケースが多く見られます。

頭痛は当院へお任せください!

頭痛でお悩みでしたら、当院へお任せください!

緊張性頭痛には、首だけでなく頭を支える肩甲骨・胸椎の整体を中心に治療していきます。頭を支える首と、首を支える背骨にのし掛かっている負担が一気に解消していきます。

自律神経系の頭痛では、整体だけよりも鍼灸治療をお勧めします。

はりと聞いて「怖い」とおっしゃる方もいますが、むしろ「カラダが軽くなる!」ということに多くの方が驚き感動して下さっています。

不安を抱え込む前に、ぜひご相談ください。

Olive Garden鍼灸整体院
へのご予約・お問い合わせ