バネ指

人間の身体の凄さは、その関節の柔らかさにあると言えるかもしれません。身体の関節が柔らかいことにより他の動物ができないような様々な動きをできるわけです。

特に親指は非常に優れており、人間が進化したのは手の親指が発達したからと言えるかもしれないわけです。ただ人間の関節も使い方によってはかなり負担をかけるケースもあります。例えば、バネ指と呼ばれる症状がこれに該当するでしょう。

名前からわかる通り、指を曲げてから元に戻すとき、バネのように勢い良く戻る症状です。本来であればもう少し柔らかく柔軟に戻るはずですが、これができないのは関節に痛みが生じるためと言っても良いかもしれません。

バネ指の原因と症状

主な原因

原因について見ていくと、この原因はスポーツなどをして関節に負担が生じていることが考えられるわけです。このような状態だと、結果的に指が自由に動かなくなり不便になるケースがほとんどでしょう。

主な症状

症状について見ていくと、痛みが生じることに加えて、指の自由がきかないことが考えられます。それ故、指の動きがおかしいと感じた場合や痛みが生じるさいは、早めのご相談をおすすめしております。

バネ指でお悩みなら当院にお任せください!

当院の見解では、鍼灸治療をオススメしております。指先の問題というより、身体のバランスを整えることが早く回復するからです。

まずはお気軽にご相談下さい。

手・腕のシビレ

シビレは、一般的に血管内における血流が滞ることにより中枢神経や末梢神経に障害が発生することで発症します。手/腕のシビレは、主に頚部から手の間にある「手根管」という管の中にある「正中神経」のトラブルが多くなっています。

手・腕のシビレの原因と症状

主な原因

原因については手の使い過ぎや無理な態勢を取ることで起こる「手根管症候群」や、加齢や打撲による「頸椎椎間板ヘルニア」、手や指の疲労による腱と腱鞘の間におこる「肘部管症候群」などが多くなっています。

また、肘部管症候群は肘関節の内側にある「尺骨神経」の圧迫が原因で、主な症状は手/腕のシビレと親指や人差し指を動かす筋肉の萎縮や握力の低下などがあります。

主な症状

症状についてもさまざまで、手根管症候群の場合は軽度であれば自然に治ることもありますが、頸椎椎間板ヘルニアの場合は椎間板の中の「髄核」が突出して脊髄や神経根を圧迫するため、手/腕のシビレに加えて首の痛みや握力の低下、指先の細かい動きに支障が出るなどの症状があります。

手・腕のシビレでお悩みなら当院にお任せください!

整体治療とともに鍼灸治療を受けられる方が、回復が早いケースが多いです。そのほうが首や肩の神経への負担を早く減らせます。

まずはお気軽にご相談下さい。

腱鞘炎

よく慣れない指の運動などをしていると、腱鞘炎になることがあります。この腱鞘炎は指先を使えば使うほど生じやすくなります。

腱鞘炎の原因と症状

具体的な原因について見ていくと、パソコンのキーボードやマウスなどの指先を細かく動かす動作やピアノなど指を多く使う人に多く見られます。普段から指を使い慣れている人であればそうでもないですが、慣れていない人は慣れない動きに筋肉がついていけなくなります。その結果手首から伝って指先が腱鞘炎になり、痛みが生じることになります。

症状については、しばらく指がしびれているような状態が続き、指を動かすとだるいような鈍い痛みが生じます。

腱鞘炎でお悩みなら当院にお任せください!

当院では腱鞘炎に対して、整体治療と鍼灸治療を組み合わせた方法をおすすめしています。

腱鞘炎は手首だけでなく、肩甲骨や上腕の関節運動から負担が増えて発生することが多いです。そのため整体は筋肉や関節運動を、鍼灸治療は炎症が起きている筋肉の深い部分にアプローチしやすいだけでなくお身体全体のバランス、そして自律神経を整えるのに適しているからです。お身体のバランスを整えると、なかには手首や足首の経穴(ツボ)だけで肩の動きが改善する方もいらっしゃいます。

まずはお気軽にご相談下さい。

Olive Garden鍼灸整体院
へのご予約・お問い合わせ